25/10/2021

フリーランスとして生きていくと決めたのなら、キャリアアップしていくことが大切です。成長せずに同じ状態でいても、いつか仕事は途切れてしまいます。社会の成長とともに、自分自身も成長していかなければなりません。
キャリアアップを実現するために必要なスキルとして、お金の知識、英語、営業力が挙げられます。ITの知識や技術とともにこれらを身に付けることで、フリーランスとして長く仕事を獲得することができるでしょう。

お金の知識は、フリーランスにはかかせない知識です。
組織から離れると、確定申告や社会保険などお金に関わる事柄も自分で行う必要があります。この部分を曖昧にしていると、経営自体が傾きかねません。技術の提供だけでなく、経営もしていかなければならないことを自覚することで、大きく成長することができるでしょう。

IT系の仕事ではグローバル化が進んでおり、英語の習得がポイントになっています。世界を相手に仕事をしていきたいのなら、英語ができないより、できる方が断然有利です。
もともとIT系の仕事と英語は馴染みが良いため、仕事の幅を広げるためにも、少しずつ英語の勉強を進めていくと良いでしょう。

また、フリーランスは、待っていても案件は飛び込んできません。自分で案件を勝ち取ってくる必要があります。そのためキャリアアップを実現したいのなら、自分のやりたい仕事をとってくる営業力が必要になります。
営業力は、一朝一夕で見につくものではありません。苦手意識のある人も、こつこつと実績を積んでいくことで、自ずと身についていくでしょう。

☆キャリアアップのコツは→→http://career-freelance.com←←にも!