12/04/2021

独立してスキルアップを叶える

一般企業で働いていると研修に参加する機会があり、仕事に必要なスキルを養うことができます。対しフリーランスとして独立すると、自分自身で学ぶ機会を作り、スキルアップしていく必要があります。

特に、IT系の仕事では、常に新しい技術や知識が求められます。最新の情報を得るために、定期的に専門セミナーで学び、同じフリーランスの仲間を作っておくと良いでしょう。
扱う言語に特化したセミナーや勉強会は、さまざまな企業主催で行われています。無料で学べる機会もあるので、積極的に利用しましょう。
フリーランスになると、今後のキャリアなどについても相談できる人が限られます。クライアントや同業のフリーランスと人脈を広げると、仕事のキャリアについても参考になることが多いです。

忙しくて学ぶ時間が少ないという場合でも、独立してスキルアップができる機会は、仕事を受けることで得られます。自分が持っている知識や技術だけで仕事を選べば安心感がありますが、これまでやったことのない分野の仕事や違うスキルが必要になる仕事を受けることで、自ずと独学で勉強することにつながります。新しい仕事にチャレンジするとフリーランスとしての経験になり、次の仕事を得るときのアピールポイントにもなります。
また、仕事を受注する際には、過去に携わった仕事やポートフォリオの提示を求められることが多いです。幅広い仕事を受注した実績は、仕事の獲得に役立つだけでなく、単価アップにもつながるでしょう。

このようにフリーランスでは積極的にスキルを磨く機会を設け、キャリアアップしていくことが重要です。